プレゼンテーション

無限の螺旋の魔法が沢山のぶどうを、時間の概念を失わせるほど魅力的な液体に変える時、ワイナリーが広い遊び場、可能性でいっぱいの、かくれんぼの楽園になる時…子供は、友達と一緒に公園で時間を過ごすのではなく、しばしば、ワイナリーで遊びたいと思うでしょう。

この遊び場で、カルリートスは、偉大な宝であるぶどうを積んだトラクターの後ろを走り回ります。彼は立ち止まって、ぶどうが積み下ろされる様子を観察し、小さな鼻でタンクを調べ、以前は知らなかった想像上のにおいや色について少しずつ話すようになります。ぶどうの収穫やワイン醸造の詳細について質問し、聞いて、発見します。彼の強い希望により、楽しい小さな作業をし始めます。時間が経つにつれ、観察する全ての工程および作業に対して大きな関心を抱いている事に誰もが驚きます。

エクストレマドゥーラでの収穫の月である8月、9月は、お母さんが心配しないよう、カルリートスは学校に行きません。家族と海に行くよりも、カルリートスは、村に残り、ぶどうの収穫作業を監視するため、ワイナリーに残ることを選びます。彼のお母さんは諦めるしかなく、カルリートスに村に残らないように説得することは誰にもできません。お父さんとぶどう畑に行き、ぶどうを観察し、熟成の時期を決めるまで、ぶどうに触れ、食べてみることは、彼にとって、楽しみ以上の何かなのです。ぶどうの収穫体験、ワイナリーに出入りするトラック、ぶどうの搬入、発酵の魔法の工程の音は、彼にとって最大の楽しみです。

子供の頃遊びだったことは、時間が経つにつれ、職業になり、人生になります。カルロスは、若い頃から一生懸命働き、専門家になり、ワイナリーの全てのレベルで作業を行います。

何年もかけて、最も重要なこと、つまり、ワインの世界は簡単な世界ではなく、毎日の努力、特別な尽力が必要な世界で、最高のワインを手に入れるという夢に捧げる時間は価値があるということを学びます。

カルリートスは、現在のカルロス・プラサで、子供の頃の情熱と夢を今でも持っており、長年の経験を誇ります。

これまでの努力の結果、今では、自身のワインを醸造し、彼が醸造しながら楽しむのと同じように、他の人にも自身のワインを楽しんでもらうという夢、人生の目標を達成しました。

Bodegas Carlos Plaza - Carlos Plaza Wines