ワイナリー

ワイナリーは、300人程の人口の小さなエクストレマドゥーラの村の郊外にあります。バダホス県コルテガナで、これは、アルメンドラレホ、バダホスとメリダの描く三角の中心にあります。

広大なぶどう畑とオリーブ畑に囲まれ、非常に静かな場所で、ぶどう畑に来る農家のトラクターの音と農家の後を走る犬の鳴き声しか聞こえません。

この平和な環境で、インスピレーションが生まれたようです。ここに、伝統的な建築のワイナリーがあり、その内部には、ワイン醸造および瓶詰めのための最新技術を備えています。簡素な外観のワイナリーの唯一の狙いは、ワインで驚かせることです。

周りは、エクストレマドゥーラ、田畑、気候、太陽が顔に当たり、額には汗がにじみ、手は冷たくなっています。ここから、この土地での作業、この地域で最古の職業であるワイン醸造に対する愛情と情熱を見ることができます。

現在、祖先の古いぶどう畑で、最新技術を使い、ワイン醸造を行う私達は、この輝く土地の証人であり、それに感動している俳優です。

この素朴な土地の潜在能力を生かすことが出来た、わずか数人は非常に恵まれていました。こうして、カタルーニャ人の有名な醸造学者ジョアン・ミラは、悲しいことにいなくなってしまいました。何年も前にこのワインをほめていました。彼の言葉です: 「エクストレマドゥーラは、ヨーロッパのカリフォルニアで、それに気付いたら、ヨーロッパ中の市場にこの恵まれたワインを広めることになるでしょう。」

エクストレマドゥーラ、永遠に未知の土地。

Bodegas Carlos Plaza - Carlos Plaza Wines